賃貸経営の大注目株「IoT賃貸住宅」とは?不動産投資はどう変わる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性が家のプラモデルを持ってデスクに座っている

IoT賃貸住宅とは?

IoT賃貸住宅はモノのインターネット、IoT(Internet of Things)を賃貸住宅にセットした物件です。
ドアロック、窓の施錠、インターフォンなどのセキュリティから、照明の点灯、エアコンによる温度調節、テレビやステレオのオンオフなど、生活の中のあらゆる機能がスマートフォンやタブレット端末から確認、操作できます。

部屋の中にいながら家中のコントロールをしたり、外出先から屋内の状況をチェックしたりと、まさに近未来感の漂う環境を提供するのが、IoT賃貸住宅です。賃貸住宅をIoT化することで借主に対してのアピールができ、快適な居住空間を提供する物件として他者との差別化ができます。

不動産投資において空き物件対策はもっとも重要な課題ですが、IoT賃貸住宅の運用で入居率を高め、損失の低い賃貸経営を期待できるでしょう。

IoT賃貸住宅に住むメリットは?

IoT賃貸住宅に住むメリットは、防犯性と利便性の高さにあります。すべての情報を手元で一元管理できる上、もっとも快適な状態をキープできます。

外出先ではカギのかけ忘れや窓の閉め忘れなど、ふとしたことが気になるものです。寝室の電気は消しただろうか、エアコンを消し忘れて電気代がかかってはいないか、そうした心配をした経験はないでしょうか。実際に長期出張の際にエアコンがつけっぱなしになっていて、後から高額の電気代が請求されたという話もあります。

IoT賃貸住宅に住めば、そのような不安は解消されます。どこにいても自宅の状況が確認できて、必要に応じて機器類のオンオフが可能です。エアコン設定をしておけば、自宅に到着したときには快適な室温に保たれています。家に入る前に照明を点灯すれば、真っ暗な部屋に帰るさびしさもありません。

さらに施錠が破られたときには警備保障会社に通報がされたり、自宅のインターフォンの画像がモバイル端末に送信されたりといった防犯システムを付加することも可能です。かつては家族の人数が多く、家の管理も複数の手で行うことができました。一人暮らしや少人数の世帯が増加する現代社会にあっては、IoTがその役割を果たします。IoT賃貸住宅に暮らすことは、頼もしい同居人がいるようなものといえるのかもしれません。

賃貸住宅にIoTを導入するには?

不動産投資の観点からは、IoT賃貸住宅の高い可能性を理解できます。しかし、実際に導入するためには、多額の費用が必要になると思われるのではないでしょうか。実はIoTを賃貸住宅に導入するのは、それほど難しい話ではありません。賃貸経営を意識して開発されたIoT賃貸住宅キットを利用すれば、設置工事の必要がなく、置くだけでIoT化が実現できます。

基本のセットは「ウインドウセキュリティ」「セントラルコントローラー」とタブレット型の「リモートコントローラー」で、価格は5万円(税別)です。ウインドウセキュリティは開閉や揺れなど、窓の異常を検知してスマートフォンに送信するしくみです。リモートコントローラーは、エアコンやテレビなど赤外線リモコンが使える家電と連動して、遠隔操作を可能にします。

セントラルコントローラーは文字通り集中管理の役割をもちますが、それ以外にも管理会社とチャットで直接連絡を取ることができます。住人はトラブルが発生した場合にいつでも解決依頼ができ、管理会社側は居住者に対しての通知やお知らせを確実に告知できます。賃貸オーナーの希望によっては、スマートロックやドアホンなどオプションを付けられるので、予算に合わせてより高度なIoT化が可能となります。

高齢者の一人暮らし、子供やペットのいる家庭にもおすすめ

現状の商品には室内カメラは含まれていませんが、拡張機能として設置することもできます。見守り用の遠隔カメラはすでにたくさんのメーカーから販売されており、スマートフォンから留守宅の様子を確認できるシステムは一般化されています。

ひとり暮らしのお年寄りに対して、遠方に住む家族がカギの開閉やカメラの映像で安否を確認するといった活用法も考えられます。おやつを与えることができる機能付きのペット用IoTカメラも実用化されているので、そうした機器との連動ができる賃貸住宅としても今後は需要が伸びていきそうです。

子育てITやベビーテックと呼ばれるIoT機器は、おむつセンサーや体感センサーなど、離れた場所にいる母親に赤ちゃんの状態を伝えられます。キッチンにいながら子どもの様子が見られるカメラとともに、子育てママを応援する環境が整います。

見守りが必要な家庭のニーズに対して柔軟に対応できるIoT賃貸住宅の提供により、解決できる課題の幅が広がっていきそうです。

IoT賃貸住宅の今後の拡張性は?

セントラルコントローラーとなるタブレット端末には、さらなる拡張性が期待されています。ライフスタイルメニューを搭載することで、セントラルコントローラーひとつで生活に必要なさまざまなサービスを完結できるようになるかもしれません。

飲食の出前やスーパーの宅配、クリーニングの依頼、美容院やマッサージの予約、各種チケットの手配、カーシェアリングやレンタカーなど、タブレットがコンシェルジュ代わりとなって生活を支えます。居住者の必要性に応じてメニューが更新できれば、検索する手間もかかりません。サービスを提供する側では、居住者限定割引などの特典を付けることも可能となります。

インターネットの特質を駆使するIoT賃貸住宅に住むことにより、ライフスタイル自体にも利便性がもたらされます。単なる「暮らす場所」という枠を超えて、あらゆる要望に対応する住宅へと進化する可能性を秘めているのが、IoT賃貸住宅です。

これからの不動産投資として注目のIoT賃貸住宅

高齢化社会が進み単身者世帯が増加するにつれて、住宅に対するセキュリティは今以上に重視されると考えられます。同時にひとつの端末で生活をコントロールでき、さらに外出先からも家の状態を確認、操作できる利便性は必要不可欠なものとなっていくでしょう。

個人の好みが多様化する現代社会で不動産投資を成功に導くためには、器としての物件の魅力に加え、住人にとって暮らしをサポートしてくれるような付加価値が求められます。変化の激しい商品やサービスの提供に対し、それらがすぐに適用できるIoT賃貸住宅であれば、居住者の満足度を保ち続けることは可能です。

インターネット回線が賃貸物件の必須要素となってきたように、IoTが賃貸の必須条件に挙げられる日は遠くなさそうです。IoT機器の広がりとともに、IoT賃貸住宅の需要は今後ますます高まっていくでしょう。

まとめ

IoT賃貸住宅は、セキュリティに対する不安を解消し、住む人に快適な環境を与えます。賃貸経営をする側にとっては物件の大きな目玉となり、入居率の向上が期待できます。大がかりな設置工事が不要で、物件オーナーの希望に合わせたオプションが選べるため、導入も容易です。社会状況と照らし合わせると、発展性も高く、有望な投資方法といえるでしょう。IoT賃貸住宅の可能性に大きな期待が寄せられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加