迅速な対応が吉!「住人トラブル」の予防法と解決法

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性が悩んでいる

不動産オーナーにとって頭が痛い問題のひとつに「物件に関するトラブル」があります。物件に関するトラブルとは、物件そのものに問題(瑕疵)があったり、震災に巻き込まれてしまったり、あるいは関連業者と揉めてしまったりなど、さまざまなケースが想定されます。そのようなトラブルの対応もしなければならないのが、不動産オーナーの辛いところです。

とくに物件のトラブルで大変なのが「住人トラブル」です。不動産投資の対象となるアパートやマンションは、人が住むことを想定しています。むしろ、入居者がいない限り、不動産投資家は家賃収入を得ることができないため、入居者の獲得こそ、投資において最重要なポイントであると言っても過言ではないでしょう。

だからこそ、住人トラブルには慎重に対応しなければなりません。対応を誤れば、入居者の獲得に悪影響をおよぼす可能性もあります。あらかじめきちんと対処法を把握しておくことが、不動産オーナーには求められるのです。そこであらためて、住人トラブルのパターンや対処法、さらには予防法について確認しておきましょう。

とくに注意が必要な「住人トラブル」とは

住人トラブルにはいくつかの種類があります。最も多いのは、やはり「隣人トラブル」でしょう。「隣の部屋の生活音がうるさい」「上の階から足音が響いてくる」。自分で物件を管理している不動産オーナーは、そのような隣人トラブルにも対処しなければなりません。しかも多くの隣人トラブルは、そう簡単に解決できないものばかりです。

トラブルという意味においては、騒音や近隣同士のいさかいだけでなく、ゴミの出し方やペットの飼育、自殺や孤独死なども、住人トラブルの一種と言えます。そこに複数の人が生活しているということは、それだけさまざまなトラブルが発生する可能性があるのです。不動産オーナーは、あらかじめ住人トラブルへの配慮をしておくことが求められます。

住人トラブルの予防法と解決法

では、具体的に、どのようにして住人トラブルに対処すれば良いのでしょうか。住人トラブルの予防法と解決法について見ていきましょう。

・住人トラブルは“感情”に配慮する

住人トラブルのパターンを見るとわかるように、その多くは、個々人の“感情”がもとになっています。たとえば、「隣室の生活音がうるさい」「上階の足音が気になる」などというのは、あくまでもその人の感じ方によりますし、その背景にあるのは個々人の感情です。だからこそ住人トラブルは、感情に配慮しつつ、早急に対処することが不可欠となります。

・起こるであろうトラブルを予見して

住人トラブルが感情に根ざしている以上、そのすべてをあらかじめ防ぐことはできません。そのため、不動産オーナーとしては、住人トラブルが起こるであろうことを予見して、クレーム対応の準備をしておくのが得策です。住人トラブルの問い合わせを24時間対応のコールセンターに委託したりするだけでも、一定の効果が見込めます。

・トラブル対応に優れた管理会社に依頼しよう

ただ、そのようなクレーム対応を不動産オーナーが自ら行うのは現実的ではありません。そこで、あらかじめ専門の業者に委託するようにしておきましょう。物件を管理している管理会社には、基本サービスとして24時間対応のコールセンターを用意しているところもあります。そのような管理会社に管理を委託しておけば、無理なくクレーム処理が行えます。

事前の対応が住人トラブルを減らすカギに

不動産オーナーとしては、住人トラブルが発生するリスクを前もって想定しておくことが大切です。トラブルを防ぐには、予防するか、あるいは問題が起きた後に対処するしかありません。不動産を所有しているということは、入居者への対応も必要になるということを忘れずに、トラブル対応への意識を常に持つようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加