失敗を未然に防ぐ!不動産投資の初心者が知っておきたい3つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
コインと家

あらゆる投資に“失敗”はつきものです。投資した資金が目減りしてしまったり、多大な時間や労力を投資した割にリターンが少なかったり、あるいは借金を抱えてしまったりなど、投資の失敗事例は枚挙にいとまがありません。したがって、投資にはリターンがある反面、リスクもあるということを理解したうえで着手する必要があると言えます。

それは不動産投資においても同様です。不動産投資は、家賃という安定収入が得られる投資であるだけに、適切な金額で適切な物件を購入し、きちんと管理・運営さえしていれば、それほど大きなリスクはありません。不動産投資が“ミドルリスク・ミドルリターン”と言われているのには、そこに理由があるわけです。

ただし、投資金額が大きい不動産投資の場合、失敗してしまった場合の損失もまた高額となりがちです。だからこそ、失敗を未然に防ぐために、必要なポイントを把握してから着手するべきなのです。では、具体的に、どのようなポイントを押さえておけば良いのでしょうか。失敗のパターンや失敗しないための考え方について見ていきましょう。

不動産投資の失敗はできるだけ避けたいところ

どのような物件を購入するのかにもよりますが、不動産投資に必要な投資金額は、少なくとも数千万円規模となるのが一般的です。なかには1億円を優に超える物件もあります。つまり、それだけ大きなお金を動かす投資なのです。そう考えると、投資に失敗してしまった場合の損失も大きくなることは、想像に難くありません。

だからこそ、不動産投資には慎重さが求められます。購入する物件の精査はもちろん、綿密な収支シミュレーションや資金計画、あるいは何らかの問題が生じた場合の対処法など、幅広い角度から検討しておく必要があるということです。実際に投資する際には、“石橋を叩いて渡る”ぐらいの慎重さを持っておきたいところです。

初心者が知っておきたい3つのポイント

不動産投資に対する認識をふまえたうえで、とくに投資初心者が知っておきたい3つのポイントを紹介しましょう。これらのポイントを押さえておけば、不動産投資に失敗する確率を減らすことができます。

・不動産投資はあくまでも“事業”である

不動産投資はあくまでも“事業”であるという認識が必要です。事業である以上、どのような仕組みで収益が得られるのかを熟知しておくことが必要です。また、経費や税金に関する知識を得ておくのはもちろん、詳細なシミュレーションや関係者とのやり取りなど、求められるスキルは多岐にわたるということを理解しておきましょう。

・他人の言うことを鵜呑みにしてしまう

不動産投資で失敗する人に多いのは、「他人の言うことを鵜呑みにしてしまう」ことです。そもそも、不動産投資に関わらず、すべての投資は自己責任で行わなければなりません。それにも関わらず、最終的な判断を自分でしないというのは、投資家としてあり得ない行為と言えます。責任をもって自ら判断するという姿勢は、投資家にとって不可欠なのです。

・交渉力やコミュニケーションスキルも欠かせない

とくに見落とされがちなのが、「交渉力」や「コミュニケーションスキル」です。なかには数字が読めれば投資で成功できると考えている人もいますが、こと不動産投資に関して言えば、それだけでは不十分です。交渉力やコミュニケーションスキルをはじめとする“人間力”を高めていかなければ、より有利な条件で投資をしていくことはできません。

不動産投資を成功させるために人間力を高めよう

投資は数字が物を言う世界だからこそ、あらためて、人間力の重要性に目を向けておくことが大切です。とくに不動産投資は、さまざまな人との交渉が欠かせません。物件の売り主はもちろん、仲介会社や客付け業者、管理会社、さらには入居者など、関係する人々のことを考えて行動できてはじめて、不動産投資家として成功できるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加