分散投資とは一体なに?資産を分けて運用することのメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
卵が沢山ある

投資とは「利益を求めて自分のお金を運用すること」です。たくさんのリターンを求めると、それだけリスクが高まるのが投資の基本になります。そのため「どのようにリスクを軽減しつつリターンを得るか」が投資では重要です。

リスクを軽減する方法の一つが「分散投資」という投資方法です。ここからは資産を分けて運用することのメリットを紹介します。

分散投資とはどんな投資法?

分散投資とは、「資産を分けて投資すること」をいいます。たとえば、手もとに100万円あったとしましょう。この100万円をA株式だけにすべて投資するのではなく、債券や投資信託といった他の投資対象にバランス良く投資することが分散投資です。

また、同じ株式に投資する場合でも、A株式、B株式、C株式というように、いろいろな銘柄に100万円を分散して投資することも、同じく分散投資にあたります。つまり、1つの投資方法や銘柄に資産を集中させない方法を指します。

一つの投資対象や銘柄にお金を集中させたほうが効率的と思うかもしれません。一つの投資対象に資金を集中させると、その対象だけの知識を蓄えて注意を払えばいいことになりますが、分散投資をすると分散した投資法の数だけ知識が必要になるため、情報を集めて注意を払う必要が出てくるでしょう。

しかし、投資において一つにまとめるということは、非常にリスクの高いことです。投資には「一つのカゴに卵を盛るな」という格言があります。一つのカゴに卵を盛ると、そのカゴが落ちたときに卵が全部割れてしまい、大きなダメージを受けるからです。

卵をいくつかのカゴに分けて盛ると、一つのカゴが落ちて卵が割れても、すべて一緒にしておくよりもダメージが軽減されます。分散投資は、投資をするうえでの「リターンを取りつつ、リスクを軽減すること」の基本ともいえる考え方なのです。

分散投資のメリットを具体例で考えてみる

卵とは別の具体例でメリットを考えてみましょう。たとえば、1,000万円の資金をA株式にだけ投資したとすると、A株式の企業業績が悪化した場合には大きな損失が出ます。最悪の場合、1,000万円分の株式がただの紙くずになることもあり得るのです。

一方、同じ1,000万円を A株式に300万円、B株式に400万円、C株式に300万円と分散投資していた場合はどうでしょうか。もしA株式が値を下げても、 B株式とC株式は違った値動きをする可能性もあります。単純計算をした場合、B株式とC株式に分散投資している場合は、損失は300万円となりますが、B株式とC株式の値が上がった場合にはA株式の損失をカバーすることもできるのです。

これは不動産の場合も考え方は同じです。A不動産にダメージがあっても、B不動産、C不動産、あるいはD不動産の3つの不動産が投資したときよりも値上がりした場合、A不動産のダメージをフォローできるほどの金額になることがあります。分散投資しているケースでは、資産へのダメージが軽減されることがわかるでしょう。

分散投資は4種類ある

ここまで紹介した分散投資は「商品の分散」「地域や場所の分散」でしたが、そのほかに「外貨への通貨の分散」「積立など時間の分散」もあります。いずれにしても「ダメージやリスクを軽減できる」というメリットがあり、「ダメージを受けても他の投資方法や銘柄によりダメージ分をフォローできる可能性が高くなる」というのは変わりません。このように、分散投資は投資の基本ですから、資産運用をする際は自分の状況に合わせて分散投資を考えることが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加