投資初心者がおさえておきたい3つのおすすめ資産運用法

このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンと相場表

投資とは、「利益を出すことを目的として、特定の方法や事業にお金を出すこと」をいいますが、投資に興味はあってもそれがよくわからないために、いまだに手を出せていないという人もいることでしょう。

投資には「元本保証ではない」「方法ごとにリスクとリターンに違いがある」という特徴があり、投資の代表としては「株式投資」「債券投資」「投資信託」があります。今回は投資の代表例であるこれら3つについて、新しい一歩を踏み出せるようにメリットとデメリットを解説しましょう。

株式投資のメリットとデメリット

投資の代表的な方法が「株式投資」です。株式投資は、株式を購入して会社へ投資し、配当金や譲渡益、株主優待といったリターンを得ます。会社側は事業のために資金を必要として株式を発行し、投資家は株を購入することにより、自分がここぞと思った会社の発展や新規事業をお金で応援するわけです。

株式投資のメリットは、株式が高値をつけたときに売却すれば利益を上げられることです。たとえば、1株800円のA社株を1,000株購入(800円×1,000株=80万円)するとします。1週間後に1株1,000円(1,000円×1,000株=100万円)になったので、すべて売却すると、利益は20万円(手数料を考慮しない)になります。「安いときに株を買い付け、高値で売る」という商売の基本のような投資により、リターンを得ることができるのです。

株式を保有することで配当金というリターンを受け取ることができることもメリットの一つでしょう。さらに、株主優待のある株式を保有することで企業独自の特典を受けることができます。しかし、株式投資は預金のような元本保証がないため、値下がりすると投資したお金が減ってしまうリスクがあり、投資したお金がゼロになる可能性もある点はデメリットといえるでしょう。

投資初心者におすすめの債券

債券投資とは、「お金を貸して欲しい国や団体にお金を貸すことにより利息を得る方法」です。お金を貸すので、期日にお金が返還されるという特徴があります。たとえば、利息が年1%で2年後のX月1日に償還されるA債券の募集に対し100万円を投資したとします。

この場合、税金を考えずに単純計算すると、年に1万円ずつ利息を受け取ることができ、2年後のX月1日の償還金は2万円の利息がついて合計102万円となります。

債券のメリットは、お金の貸し借りというなじみのある方法のため、初心者でも気軽に投資できるところでしょう。また、投資した100万円は株式のように値動きしないというメリットがあります。

デメリットは、お金を返済してもらえない可能性があるというところでしょう。たとえば、A債券を発行するA社の経営状況が悪いとお金を返すことが難しくなるため、貸したお金より少ない額の償還金になったり、最悪の場合は全額返ってこない可能性もあります。

投資信託への投資とは

投資信託とは、「いろいろな投資方法の商品をセットにしたメニュー」のことです。株式と債券を組み合わせたり、株式だけを組み合わせたりするなど、種類や投資方法をプロが運用方針を立てて組み立てたものをいいます。

投資信託は自分で個別の銘柄選びをしなくて済むことや、少額からはじめられることがメリットでしょう。また、セットメニューのため、投資信託に含まれる株が値下がりしても、債券で値下がり分をフォローしてくれるなど、分散投資によるリスク軽減が図れることもメリットです。

デメリットは、元本が保証されていないという点です。毎日のように基準価額は値動きし、値動き次第では投資した金額が元本割れすることもあります。また、解約を制限されるなどのデメリットも注意したいところです。

投資は、自分から利益を求めて積極的にお金を動かす方法全般を指していいます。ここでは「株式投資」「債券投資」「投資信託」の3つのメリットとデメリットを紹介しましたが、3つの中からどれか1つだけを選んで投資したほうがいいというわけではありません。それぞれのメリットとデメリットを把握して複数に投資することにより、リスクの軽減と効果的な投資が可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加